INFORMATION
home

2018.10.29

キャリアマネジメントはなぜ必要?何を行うべきかを徹底解説!

AUTHOR :   島 憲司

113
島 憲司

最近では「人生100年時代」「AIに仕事を奪われる時代がくる」「副(複)業解禁」など、自分のキャリアを見つめ直さなければと感じるようなトピックスが多くなっています。そのため、将来に対して漠然とした不安を持っている人も多いのではないでしょうか。
そんな時代だからこそ、大切になってくるのがキャリアマネジメントです。これからの時代を生き抜くためになぜキャリアマネジメントが必要なのか、具体的にどんなことを行えばよいのかを詳しく解説していきます。キャリアマネジメントの基本を学んで、将来に役立ててみてください。

キャリアマネジメントとは?

キャリアマネジメントは直訳すると、キャリア=自分の経歴・職歴を、マネジメント=計画・管理するという意味。つまり、自分のキャリアをどのように実現していくのか、その道筋を描くことを表しています。

「キャリアを描くために何が必要なのか」を分析すること

キャリアというとこれまでの経歴とイメージされる人も多いですが、キャリアマネジメントは「どのようにキャリアを描きたいのか」「そのためには何が必要なのか」を分析することです。そして、その道筋を描いた結果、環境の変化に対応し、やりがいを持って仕事ができる状態を目指すことをいいます。

これまでは勤め先での出世=キャリアという認識を持った人も多かったですが、最近ではそれ以外にも起業する・副業を成功させる・フリーランスとして働くなど、さまざまな働き方ができる時代です。自分の経験が活かせる幅が広がった今の時代だからこそ、キャリアマネジメントが注目されるようになってきているといえるでしょう。

おすすめ記事

キャリアマネジメントが必要な理由

キャリアマネジメントが注目されるようになってきているとはいえ、「キャリア志向ではないからには関係ない」「やった方がいいのはわかるけど、今すぐには必要ない」と感じている人もいるはずです。しかし、キャリアマネジメントが今のタイミングで必要となる理由を3つご紹介します。

  1. 目標を設定して、転職市場価値を意識しながらスキルや経験を積む

社会人になりたての頃は、とにかく一人前になるために頑張るものです。しかし、それ以降は明確な目標が設定できず、ただ仕事をこなすだけ、ということもあるでしょう。年功序列の時代であれば、目標を作らずとも敷かれたレールの上を走るだけで成り立っていましたが、今はそんな時代ではありません。大手企業であっても、いつ倒産・吸収合併、産業の構造変化が起こるかわからない時代です。自分自身でキャリアマネジメントをして目標を設定しておかなければ、頑張る対象を見つけられないまま、年齢だけが上がっていくことになります。いつでも自分の転職市場価値を意識し、いざ会社が倒産してもお声がかかるようなスキルや経験を積んでおくことが重要です。

  1. 時代の変化に応じて、求められる能力を予測し、目標を変化させる

インターネットやスマートフォンなどテクノロジーの発達による産業構造の変化やグローバル化など、ビジネスは大きく変わっています。そんな変化の激しいビジネス環境では、人に求められる能力も共に大きく変わってきます。過去の目標のまま成長していったとすると、そのときに求められる能力を身につけていない可能性が高いです。個人で求められる能力を予測し、市場に合わせて自分の目標を変化させるキャリアマネジメントを行った人だけが時代の変化に対応した生き方を身につけられるのです。

  1. 現在の自分と目標の自分との差を把握して、必要なステップを考える

キャリアマネジメントをやっていなければ、自分のやりたいこと(目標)が決まらず、その目標に到達するために必要なステップがわかりません。差がわからなければその差を埋めることは難しいですから、キャリアマネジメントを行って「現在の自分と目標の差をどう埋めるのか」を考える必要があるのです。

キャリアマネジメントはどんなことを行うの?

キャリアマネジメントの必要性がわかったところで、具体的にキャリアマネジメントとは何を行うのかをご説明していきましょう。下記5つのステップを繰り返すことで、自分のキャリアを望むものに近づけることができます。定期的に行い、自身のキャリアを素晴らしいものに変えていきましょう。

自分のキャリアを理想に近づけるための5つのステップ

  1. 自分の人生で大切にしたい生き方や暮らしを考える

キャリアマネジメントで重要なことは、自分の理想とする人生を描くことです。大きな人生の目標なくしてキャリアマネジメントは成り立ちません。大切にしている信念などを曲げて成功したとしても、理想的だとはいえないでしょう。まずは、自分の人生で大切にしたいこと――例えば「長期休暇は家族との旅行にあてられるようにする」「お客様のためになることかどうかの基準をぶらさない」など、簡単なことからでいいので自分の大切なことを決めていってください。

  1. 自分のキャリアを振り返る

人生で目指したい方向が定まったら、これまで築き上げてきたキャリアを振り返ることを始めましょう。入社時点の自分から、どのようなキャリアを歩み、どのようなスキルを身につけてきたのか、どんなことで成功し、失敗してきたのかを振り返ってください。そこで自分の得意・苦手分野、ワクワクすること、業務上の強み・弱みなどを把握し、どこをどう変えていくのか・伸ばしていくのかの参考にします。

  1. 自分のやりたいことを発見する

人生の方向・仕事上の能力を棚卸しできたら、いよいよ自分のやりたいことを発見してみましょう。過去を振り返ったことで、ワクワクすること・自分がやりたいことが見えてきたはずです。あなたがそれをできるようになるためには、何が必要なのかを明確にしてみましょう。

  1. やりたいことの実現までの道筋を描く

やりたいことが決まったら、できるようになるまでの時点から今の自分までを逆算してみてください。いつまでにどうなっていないと、その目標を達成できないのかを明確にしていきましょう。そのために会社の選び方・人脈の作り方・能力の伸ばし方などさまざまな要素がイメージできるはずです。具体的に実現するまでの道筋を描けば、走り出せる状態になれます。

  1. いつまでに何をするかを決めて努力を続ける

道筋まで描けたら、あとはいつまでに何をするかのマイルストーンを具体的に決めて、自分のキャリアに向かって努力を重ね、能力を身につけられるように継続していきましょう。

このような5つのステップを踏んでいくことで、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを具体的に思い描くことができるようになったはずです。

おすすめ記事

キャリアマネジメントを行って理想のキャリアを歩もう

今すでに訪れている変化の激しい時代では、キャリアマネジメントを行うことが非常に重要であることがおわかりいただけたでしょうか。会社ではなく個人で戦うことができる武器を持って生き抜く工夫が必要です。目標を見失う期間を短くし、どんな時代の波も乗りこなすことができる人材になるために、ぜひキャリアマネジメントに取り組んでみてください。

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
BLOG(eラーニングや人材育成の情報満載!)
smp-menu