• 導入事例
  • 会員のモチベーションアップに貢献。手軽な「模試トレ」でTOEIC®対策のオンライン試験を提供
INFORMATION
home

お客様:QQ イングリッシュ(株式会社キュウ急便)

会員のモチベーションアップに貢献。手軽な「模試トレ」でTOEIC®対策のオンライン試験を提供

株式会社キュウ急便では、Skype(スカイプ)を利用したオンライン英会話学習サービス、QQイングリッシュを提供しています。TOEIC®のスコアアップを目標に学んでいる会員様に、オンラインで手軽に受けられ、成長を実感できるTOEIC®模擬試験として、模試トレをご利用いただいています。

動画で見る導入事例

背景

会員様に、英語力向上を実感してもらいたかった

いま企業では、英語力をもった人材を求めており、その判断基準としてTOEIC®スコアを活用しています。「上場企業における英語活用実態調査」報告書(2013年)によれば、TOEIC®スコアを7割の企業が採用時の判断材料にしており、半数近くの企業が昇進・昇格の要件とすることを視野に入れています。

同社の永田 健二氏によると、QQイングリッシュには「ステップアップのためにTOEIC®スコアを高めたい」「上司が外国人になった」など、仕事で英語が必要になった社会人が多く加入しており、その会員数は4万人にも達しているそうです。(2015年6月時点)QQイングリッシュでは、こうした目的をもつ会員様がモチベ―ションを維持し、学習し続けるにはTOEIC®スコアを基準にして成長を実感してもらうことが必要だと考えていました。しかし忙しい社会人には、決められた時間に試験会場へ行かなければならないTOEIC®の定期的な受験は、負担が大きいことが問題でした。

「せっかく英語力が身についても、TOEIC®を受験できず結果的にモチベーションが下がってしまうという悩みがありました。」と永田氏は話します。

そこで、注目したのが模試トレです。模試トレなら、TOEIC®と同じ出題形式の模擬試験をいつでもどこでもオンラインで受けられるので、忙しい社会人でも手軽に利用できます。また、受験後すぐに高精度なTOEIC®予測スコアが分かるので、会員様に英語力の成長を実感してもらえると考え、導入を決めました。

導入したソリューション

  • products

導入前と導入後の効果比較

導入前

モチベーションの維持が課題

TOEIC®のスコアアップを目的に学習しても、時間や場所の制約があるTOEIC®を定期的に受験するのは、忙しい社会人には困難でした。そのため英語力の向上が実感できず、モチベーションを維持することが難しいのではないかと考えていました。

arrow

導入後

英語力向上が実感でき、モチベーション維持に貢献

会員様が、模試トレを利用することで、時間や場所を問わずTOEIC®の予測スコアを計測できるようになりました。予測スコアは、相関係数「0.87」と高精度。複数回受験すれば結果がグラフ化され、成長が視覚化できるので、学習へのモチベーション維持につながります。

ご担当者の声

今後は模試トレをもっとお勧めしていきます

模試トレはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも受けられるので、利用していただいている会員様は着実に増えています。今後、会員様にもっと模試トレを活用していただくことをお勧めしていきたいそうです。

「個人の会員へ、メールマガジンなどで模試トレを活用したTOEIC®対策を勧めたり、法人会員にもレッスンと一緒に模試トレをセットでご利用いただき、組織の英語力向上に貢献したりと、まだまだアイデアはあります。」と永田氏は語ります。

QQイングリッシュで英語力を身につけ、模試トレのTOEIC®予測スコアで現状を把握し、今後の学習に活用する。QQイングリッシュと模試トレの相乗効果に、会員様も期待することでしょう。

お客様プロフィール

QQ イングリッシュ(株式会社キュウ急便) 様

QQ イングリッシュ(株式会社キュウ急便) 様

永田 健二 氏
INFORMATION
smp-menu