INFORMATION
home

2018.06.11

企業を強くする総務・財務スキルを学ぶには

AUTHOR :   井内 恵美

239
井内 恵美


近年は企業を取り巻く環境が大きく変わり、人口減少、CSR、ダイバーシティ、グローバル化などの多様な取り組みが求められるようになっています。それに対応し、企業価値を高めるためには、総務部門や財務部門のスキルアップが欠かせません。eラーニングは、忙しい社員一人ひとりがスキルを高める強力なツールとなります。総務シリーズ「企業を強くする総務の作り方」を参考にしつつ、各部門の重要性やeラーニングでの学び方について解説していきます。

企業を内部から変革できるのは「総務部門」

環境の変化に対応するために企業を内部から変革できるのは、内外を問わずさまざまなステークホルダーをつなぐ重要な役割を担っている総務部門です。企業を目指すべき方向へ引っ張っていくには、総務部門は「総務の在り方」について考えて、新しい時代に対応したスキルを身につける必要があります。

経営者視点を持った「戦略総務」という考え方

これまで企業における総務部門は、「何でも屋」「雑用全般を担当する部門」「縁の下の力持ち」と考えられてきました。しかし、今では従来の「雑用総務」ではなく、「戦略総務」という考え方が重視されるようになっています。戦略総務とは、企業を取り巻く環境の変化に柔軟に対応して、社内の活性化、社員のモチベーション向上、企業価値の向上など、幅広く関わる総務部門がそれらに戦略的に取り組むことです。

「戦略総務」に必要なスキルとは?

戦略総務として生まれ変わるには、自らの意識改革とともにコスト改善や業務改善、社内コミュニケーションの活性化に関する施策の立案などが求められるようになります。そのためには、ITを使った仕組みを取り入れたり、アウトソーシングを行ったりすることも必要です。最新の知識やサービスを常に収集できるようにしましょう。

おすすめ記事

企業の司令塔は「財務部門」

一方、財務部門は企業が利益を生み出すための司令塔といえます。企業の経営層は、財務部門が企業の経理事務や財務慣行について的確な評価を行い、データに裏付けられた洞察や経営課題の解決方法を提示してくれることを望んでいるのです。

企業を成長させる財務部門に必要なスキルとは?

企業が財務部門に求めることに応えていくためには、数字を正確に扱えるだけではなく、企業活動と会計の仕組みを理解して、財務諸表から経営のために必要な情報を読み取る力を養うことが極めて重要です。特に、事業分析や予算分析などの仕事に対するニーズは高まっています。企業を成長させる財務部門になるには、企業の各事業への理解を深めるとともに、経営やリーダーシップについても学んでいく必要があります。

おすすめ記事

専門知識を学びたいときに学ぶ

このように、総務や財務のスキルアップは重要ですが、専門家を講師に招いて関係者が一堂に会したセミナーを開くのはコストや時間を要します。また、担当する社員たちは事務作業が中心であるため、目の前の仕事に忙殺されがちです。そのため、個々の受講者が都合のいい場所やタイミングで学べるeラーニングは、最適な学習ツールとなるでしょう。専門家による良質なコンテンツ、基礎的なノウハウを学べるコンテンツなど、受講者のレベルに合ったものを選び、スキマ時間を活用してスキルを高めることが重要です。

学習管理から業務に即したコンテンツの制作までできる企業eラーニングをお探しでしたら、「Cloud Campus(企業向け)」をご検討ください。

教材コンテンツは、こちらからお選びいただくこともできます。

総務・財務部門のスキルアップで競争力向上を

企業を取り巻く環境が変化するなかで、総務・財務部門の重要性は、年々高まっています。忙しい社員のために、eラーニングのような専門知識を手軽に学べる仕組みを取り入れましょう。総務・財務部門の社員のスキルを高めることで、企業の競争力向上につながります。

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
模試トレ
BLOG(eラーニングや人材育成の情報満載!)
smp-menu