INFORMATION
home

2018.02.19

生産性の低下を招く長時間労働の解決法

AUTHOR :   関口 郁麻

529
関口 郁麻

昨今、社会問題にもなっている長時間労働は社員の健康を害し、作業の効率や質の低下を招きます。そして、この問題の解決を図るには、企業は職場の環境づくりから取り組まなければなりません。そこで今回は、社員が時間効率やタイムマネジメントを学ぶための、ブレンディッド・ラーニングを用いた研修についてご紹介します。

長時間労働は企業と社員に悪循環をもたらす

長時間労働は社員の負担を高め、ときには健康を害することになりかねません。企業にとっても、残業代の出費や仕事の質の低下などの問題が生じます。長時間労働は、労使双方にとって多くのデメリットがあるのです。

残業をしない職場環境をつくる

長時間労働の原因は、さまざまな要素があります。そのひとつとして挙げられるのは、定時に帰りづらい職場の雰囲気です。社員全員が定時までに仕事を終えるには、社員間で長時間労働を改善するという共通の認識を持たなければなりません。そのうえで、組織全体で残業をしない環境をつくり、業務改善することが必要です。

業務のムダやムラを排除する

長時間労働を改善するには、社員の働き方からムダやムラを排除し、業務の改善点を見つけなければなりません。また、社員一人ひとりの意識改革や仕事の効率化も必要です。

ブレンディッド・ラーニングで長時間労働を解決する

社員の意識改革のために企業ができることは、研修による社員教育です。社員がただがむしゃらに働いているケースと、タイムマネジメントを実践して仕事をこなすケースでは、業務効率が変わってきます。企業は仕事の裁量を社員に任せきりにするのではなく、それぞれの立場に応じたタイムマネジメントの教育をすることで、会社全体の残業を減らせる可能性があるのです。

人材育成の重要性や、どのような研修を実施すればいいのかについては、「企業にも学習のパラダイムシフトを!人材育成を制する企業が勝つ理由」「時間、コスト…社内研修を取り巻く問題とその改善方法」をご覧ください。

eラーニングと集合研修でタイムマネジメントを学ぶ

タイムマネジメントの研修には、eラーニングと集合研修を組み合わせたブレンディッド・ラーニングが効果的です。eラーニングによる事前学習で基礎知識を身につけておくことで、具体的な実践方法を学ぶ集合研修をより活かすことができます。また、事前学習した内容を集合研修のグループワークでお互いに話し合うというスタイルをとることで、業務の効率化に欠かせない社員間のコミュニケーションが促進されるでしょう。

このように、会社が率先してタイムマネジメントに関する教育を実施することで社員の意識改革につながり、残業をよしとしない職場環境をつくれるのです。

ブレンディッド・ラーニングの詳細については「学習効果を最大化!eラーニング+集合研修の「ブレンディッド・ラーニング」活用法」「ブレンディッド・ラーニングで最大効果を引き出す7つのチェックポイント」「eラーニングvs.集合研修 どちらがモチベーションアップに効果的?」をご覧ください。

人材教育を通じて残業を減らそう

長時間労働は企業にとっても社員にとってもデメリットしかありません。長時間労働を減らしつつ会社の生産性を向上するには、社員の意識改革が必要です。その目的を達成するために、ブレンディッド・ラーニングを活用してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています:

参考:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
BLOG(eラーニングや人材育成の情報満載!)
smp-menu