INFORMATION
home

2018.01.22

企業の大切な資源となる人材はどのように育成するのか?

AUTHOR :   恵美子 松田

446
恵美子松田


人材は、企業において重要な資源のひとつです。良質なサービスや商品が求められ、企業の社会的な意味が問われることが多くなるなか、今まで以上に会社に利益をもたらすことができる優秀な人材の確保が必要になります。そして、企業は人材育成を行う際に、「ヒューマンリソースマネジメント」を意識しなければなりません。では、具体的にはどのように人材を育成すればいいのでしょうか。

人材は「会社の宝」である

多くの商品や会社を動かしているのは資金や権力だけではありません。社員がいてこそ企業は新しい戦略を生み出し、商品を世に送り出すことができるのです。つまり、人材は「会社の宝」だといえます。

社員を「ヒューマンリソース」として考える

「ヒューマンリソース」は、社員は単なる労働力ではなく、会社の資源であるという考えに基づいた言葉です。現代社会では、多くの商品やサービスが世の中に出回っており、企業はより工夫を凝らした戦略やアイデアを持って、ほかの企業と競合しなければなりません。しかし、商品やサービスは多くの人の目に触れますが、社員の能力や知識は社外からは見えにくい傾向があります。そのため、企業が競争に勝つために必要な人的資源を「ヒューマンリソース」と定義して、可視化する重要性が増しているのです。

人材を最大に活用できる体制を整える

企業が生き残るためには、優れた人材を確保するだけでなく、その人材を最大に活用できる体制を整えなければなりません。外部から専門的な知識を持つ人材を採用する方法もありますが、社内の人材を教育して人的資源の底上げをすることが重要です。

社員の力やモチベーションが企業の利益になることについては「成果をコミットした人材育成!「働きやすさ」から「働きがい」への発展が人を育てる」を、優秀な人材を持つことや社員の学びの大切さについては「教育のパラダイムシフト「Teaching」から「Learning」へ」をご覧ください。

個人の職務に合った育成をすれば人材は育つ

企業が求める人材は、役職によって異なります。人材育成では、従業員とその立場に合わせた教育をすることが大切です。

ヒューマンリソースマネジメント

社員という人的資源は容易に手に入れることができないため、企業が育てていかなければなりません。社員をコストではなく戦略的な資源と考える「ヒューマンリソースマネジメント」では、社員教育や人材育成を通じて社員を企業の人的資源とするマネジメントが行われます。

求める人材を育てられる教育制度を整える

人材育成には、研修やOJTなどさまざまな方法があります。企業はまず、業績を上げるためにどのような人材が必要であるかを明確にしたうえで、求めている人物像により近い人材を育成できるような教育制度を整える必要があります。

社員のモチベーション維持には評価制度も大切

会社の業績を効率的に上げていくには、役職や本人の適性に合った人材教育を実施することが大切です。また、社員のモチベーションを維持するために、企業は社員の成果をきちんと評価し、それを給与に反映させるといった工夫をしなければなりません。

企業が柔軟に人材育成を行うメリットについては、「企業にも学習のパラダイムシフトを!人材育成を制する企業が勝つ理由」をご覧ください。

社員に合わせた教育ができるアダプティブラーニングを活用する

企業が求める方向性に合わせた人材育成をするために、企業ができるアプローチのひとつにアダティブラーニングがあります。アダプティブラーニングは個別対応が可能で、受講者一人ひとりに合わせたレベルや内容の教育を提供できます。

苦手分野を把握し復習を促すアダプティブラーニング

アダプティブラーニングの特徴は、学習エンジンが自動で社員ごとの苦手分野を把握し、復習を促す機能があることです。そのため、社員の業務知識の定着を促進することができます。また、業務に必要な知識に特化したコンテンツの内製も可能です。社員一人ひとりに合わせた、よりスムーズな研修を実施できるといえるでしょう。

社員が自分のペースで学べるeラーニングについては「進化するeラーニング!あらゆる需要に応えるコンテンツの作成が可能に」をご覧ください。

人的資源となる社員を育てよう

企業が成長するためには、社員の成長が欠かせません。人材育成を重要視することは、ヒューマンリソースマネジメントの考え方のひとつです。各社員に合わせた学習が可能なアダプティブラーニングを活用してはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
模試トレ
CPK
smp-menu