INFORMATION
home

2017.12.18

社員のモチベーション向上をあと押し!企業としてのスキルアップ支援

AUTHOR :   恵美子 松田

294
恵美子松田


社員のモチベーションを高めるには、職場環境の整備や会社としてのスキルアップ支援が重要です。そこで今回は、モチベーションが上がらない職場環境とはどのようなものなのか、また、なぜモチベーションの向上にスキルアップが必要なのかを解説します。

社員のモチベーションが上がらない職場環境とは?

社員のモチベーションが上がりにくい理由には、さまざまな要因が考えられます。仕事が合わない、業務が合わない、人間関係が合わないなど原因は多岐に渡り、どのような問題を抱えているかによって解決方法も異なります。

モチベーションが上がらない理由は社員にある?

モチベーションが上がらない原因には、社員自身がやりたくないことをしているという意識が強かったり、仕事に対する明確な目標を持っていなかったりすることが挙げられます。このような場合は、社員自身が仕事に対する目標を掲げて意欲的に取り組めるように、意識を変えていくことが必要です。

社員が仕事に対してやる気を持つための方法は、「自分でできるモチベーションアップ術!ジェラシーをやる気に変える方法」「ロジカルシンキング力は、身近なネタで鍛える!」でも解説しています。

社員のやりがいや目標を確認して社内環境を整えよう

会社の定めた目標設定が本人の目標に合っていない場合や、人事評価がうまく行われていない場合も、社員のモチベーション低下を招きます。また、部下や上司などとの人間関係が大きく影響していることもあるでしょう。

このようなケースでは、異動を行うなど社内の環境を整えなければなりません。それには、面談のような社員一人ひとりの目標ややりがいを確認する場を設ける必要があります。また、日ごろから社員同士のコミュニケーションを取り合うことも大切です。

社員のモチベーションを高める方法については、「若手社員のモチベーションを上げるには?」「『孫子の兵法』から学んでみた。社員の士気を向上させるモチベーションアップ術」「会社の業績アップに繋がる!?社員のモチベーションアップできる人事評価」「eラーニングvs.集合研修 どちらがモチベーションアップに効果的?」もお読みください。

モチベーション向上にスキルアップが必要な理由

モチベーションの低い社員が大勢いる職場では、表情や言葉、声のトーンなどが全体に影響を及ぼし、雰囲気が悪くなったり転職者が増えたりして、生産性が下がる原因になります。企業は、社員が自分の仕事に興味を持ち、意欲的に働くことができる環境を整えなければなりません。

得意分野を伸ばせば社員が生き生きとする

社員が自分の得意分野や興味のある分野でスキルアップできれば、仕事により意欲を持って取り組めるようになります。スキルを仕事に活かすことは、社員のモチベーション維持につながるためです。

企業が社員のスキルアップを支援しよう

社員がスキルアップをして自分の興味がある仕事ができるようになるためには、企業は社員のスキルアップを支援する必要があります。例えば、セミナーやeラーニングでスキルアップ講座を行う、取得したスキルを活かせるチャンスを与えるといった方法があるでしょう。しかし、スキルアップは講座だけで実現できるものではありません。

上司には部下を育てるという役割があります。その詳細については、「部下の成長を止めているのは上司の「思い込み」?」「いまどきの新入社員をどう育てる?教育法と注意点」をお読みください。

Cloud Campusを利用してスキルアップ!

社員のスキルアップを実現するには、「Cloud Campus(企業向け)」を活用する方法があります。Cloud Campusでは授業の視聴、資料の閲覧、テストや成績管理などが可能です。

Cloud Campusの4つのメリット

Cloud Campusには、以下のようなメリットがあります。それを活かして、社員のスキルの向上を支援しましょう。

  1. コミュニケーション機能で学習の理解が深まる
    Cloud Campusは自分で学習を進めるだけでなく、ほかのメンバーとコミュニケーションを取りながら学習の理解をより深めることができます。
  2. 学習の理解度を把握できる
    テスト機能によって、学習の理解度を把握できます。受講者自身が評価を客観視することで、スキルアップにつながるでしょう。
  3. 自社のニーズに合った学習ができる
    コンテンツを内製できるため、職場環境の整備にあたって自社に足りていないポイントをおさえた学習が可能です。コンテンツの内製化については、「eラーニングのコンテンツを内製化!そのメリットとデメリットとは?」もお読みください。
  4. 社員自身が講師になることで受講意欲がわく
    社員自身が講師になって、webカメラに向かってプレゼンテーションをすることができるため、コミュニケーションが発生しやすく受講意欲がわくきっかけにもなります。

企業のサポートを通じて社員のモチベーションを向上する

社員のモチベーションは社員個人の問題に留まらず、職場全体にも大きく影響します。社員が高いモチベーションを持って業務を進められるように、企業は働きやすい環境の整備やスキルアップの支援をする必要があります。その方法として、Cloud Campusを活用してはいかがでしょうか。

eラーニングの受講率を高める工夫については、「eラーニングの受講率をアップさせるポイントとは?」にて解説しています。

個人の弱点を自動判別してくれるアダプティブラーニングのプラットフォーム「Cerego(セレゴ)」については、こちらをご覧ください。

なお、弊社では「eラーニングコンテンツ」を多数取り扱っております。お手軽に学んでいただくことがでるので、ぜひご活用ください。

 

こちらの記事も読まれています:

 

参考:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
模試トレ
CPK
smp-menu