INFORMATION
home

2017.06.20

せっかく学んだ部下へのコーチングに効果が実感できない理由は?

AUTHOR :   島 憲司

257
島 憲司

研修で学んだコーチングスキルを定期的な個人面談などで実践しているにも関わらず、部下に変化が見られず効果が感じられないという悩みを抱える管理職の方も多いかもしれません。その原因は、いったいどこにあるのでしょうか。

コーチングに対する部下の反応がイマイチ!?

コーチングは、対話を通じて相手の目標達成や自己実現を支援する、人材開発の手法のひとつです。コーチは、相手の話に耳を傾け、考えや主張を尊重しつつ、相手が自ら答えを導けるように質問していきます。そして、自発的に意識や行動を変革させ、本人のポテンシャルを最大限に引き出します。しかし、その効果が思うように現れないと、コーチングする側は行き詰まりを感じてしまうでしょう。

コーチングスキルの詳細については、「知っておきたい!初めての後輩指導で使える「コーチングスキル」も併せてご覧ください。

理論や論理だけでは動かない人の心

コーチングによって部下との距離が縮まり、コミュケーションが改善されたとしても、相手の行動や態度に変化が見られないときは、ある大事なことを見落としている可能性があります。

それは、「論理だけでは人の心は動かない」ということです。コーチングの手順を踏むことばかりに気を取られていると、コーチングで大切なコアの部分、つまり相手の気持ちを見落してしまいがちです。相手の気持ちを置き去りにしていては、コーチングの効果は現れません。

人が自発的に動くモチベーションとは?

社員のパフォーマンス向上のために知っておきたい「人が動く6つのモチベーション」」でも述べているように、人が自発的に意思や行動を変えるには、「楽しい」「意義がある」「可能性を感じる」といった内発的モチベーションが必要です。

例えば、営業成績が芳しくない部下に対し、コーチング理論を用いて論理的に問題解決のプロセスを踏んでも、相手は「正論」としか受け止めません。そして、その「正論」は「感情的圧力」や、昇進や昇給のチャンスに関わる「経済的圧力」となりかねません。こうした外的圧力は、「人が動く6つのモチベーション」のなかでも、パフォーマンスを低下させる可能性があるネガティブな動機なのです。

感情や欲求に訴えないと人は変わろうとしない

コーチングスキルを駆使して論理的に営業成績の向上プロセスを組み立てさせるだけでなく、新規顧客を獲得できたときの場面や気持ちを具体的に想像してもらいます。本人が仕事に意義や可能性を感じられるように、感情や欲求に触れていくことが大切です。

部下の成長に寄り添う心構えがカギ

部下の成長を止めているのは上司の「思い込み」?」でも取り上げているように、上司の「思い込み」や「決めつけ」が成功のチャンスを奪うケースがあります。コーチングは、相手の気持ちや感情を汲んで応援する姿勢があってこそ成功するのだということを忘れてはいけません。

なお、部下の指導については「能力ではなく「努力」をほめる!効果的なフィードバックの方法」「管理職に就いたら部下の信頼をどう獲得する?」も読まれています。

社員の学習管理から業務に即した内製コンテンツの作成までオールインワンのクラウド型学習システム「Cloud Campus(企業向け)」については、こちらをご覧ください。

こちらの記事も読まれています:

参考:

管理職はもちろん、あらゆる職種で活用できる!「コーチング」講座をのぞいてみた|リクナビNEXTジャーナル (2017/6/7確認)

INFORMATION

BLOG CATEGORY

SERVICE

PICK UP

模試トレ
CPK
smp-menu