• 人事制度・環境作り
  • 社員が幸せな職場は生産性が12%アップ!社員をハッピーにする5つのチェックポイント
INFORMATION
home

2017.04.03

社員が幸せな職場は生産性が12%アップ!社員をハッピーにする5つのチェックポイント

AUTHOR :   川嶋 美紀子

150
川嶋美紀子

企業が、日々良好な顧客関係の構築に努めるのは当然のことですが、社員との関係はどうでしょうか。会社が社員との関係を良好に保つために配慮すべきポイントについて考えてみましょう。

社員が幸せだと生産性が12%アップ!

英ウォーリック大学の研究によると、社員が幸せに仕事ができる企業では生産性が12%向上するそうです。反対に社員が不満を抱えている企業の生産性は、10%も低下してしまうといわれています。

不満を抱えた社員が増えると、上司や部下、同僚間の意志の疎通がうまくいかず、職場のコミュニケーションが停滞します。すると、PDCAが回らず、効率や生産性が低下していきます。そうなると、社員のモチベーションも組織の結束力もどんどん下がっていくでしょう。そして、ビジネスに必要なイノベーションを生みだす力を失い、競争力も弱まってしまいます。このように、さまざまなネガティブ要素が連鎖的に発生していくのです。

社員の幸せチェックする5つのポイント

社員が幸せに働くためには、企業はどのようなサポート体制を整えるべきなのでしょうか。以下の5つのポイントから考えてみます。

1適切な評価と認識

誰もが努力やアウトプットに対して正当な評価を受けたいと願っています。自分の頑張りや成果が認められることは、モチベーションの維持や働きがいにつながります。

モチベーションに関しては、「社員のパフォーマンス向上のために知っておきたい「人が動く6つのモチベーション」」でも詳しく解説しています。

2働きやすいオフィス環境

よりよい労働環境をつくるには、生理学的な配慮も必要です。自然光や緑を取り入れたオフィスや余裕のあるデスク、ひと息つける休憩スペースなど、オフィス環境は生産性に大きく影響します。

3柔軟な勤務体制

プライベートを犠牲にして働き続ける社員は、いつしかやる気が低下して充実感を感じなくなり、本来の実力を発揮できなくなります。業務内容に合わせて柔軟な勤務体制を提供することは、社員のワークライフバランスを考慮するうえで重要です。

4信頼できる人間関係

お互いの信頼関係は、同じ目標に向かって気持ちよく協働できる、オープンで風通しのいい職場環境の土台となります。こうした信頼関係は、仕事への意欲や働きがいを高め、社員の満足度にもつながります。

社内コミュニケーションと仕事の効率化については、「社内コミュニケーションについて考えてみる」「仕事の効率化はコミュニケーションが取りやすい職場から」「「伝わらない」は自分のせい?人を動かす「伝える力」を磨く方法」も併せてご覧ください。

5キャリアアップの可能性

自分の将来が見えないことは、離職の理由となりかねません。仕事や研修を通して自分を向上できたり、将来のキャリアパスを描けたりすることは、社員が会社に貢献する動機となるのです。

eラーニングで教育効果を最大化するサービスについては、「eラーニング導入支援」のページをご覧ください。

社員の情緒面への配慮も人事の役割

事業経営と組織運営は異なるもので、両者を軌道に乗せてこそ会社は成長できます。社員の情緒面への配慮は、人事担当者の大事な役割だといえるでしょう。社員が自発的に会社に貢献したいと思えるような職場づくりを目指したいものです。

こちらの記事も読まれています:

参考:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

SERVICE

PICK UP

模試トレ
CPK
smp-menu