INFORMATION
home

2016.12.12

挫折続きの英語学習に救世主!?アダプティブラーニングによる学習効果

AUTHOR :   川嶋 美紀子

499
川嶋美紀子

英語力をアップさようと学習に取り組んではみるものの、思うように効果が上がらず挫折してしまう社会人は多いのではないでしょうか。そんな方の強い味方となるのが、近年、企業や学校教育で注目を集めているアダプティブラーニング(適応学習)です。アダプティブラーニングは、英語学習にどのような効果をもたらすのでしょうか。

英語学習で挫折する理由は?

リクルートマネジメントソリューションズが実施した「社会人の英語学習実態調査」によると、「英語学習を継続できない理由」の上位には次のような項目が挙げられています。

  1. 時間がない
  2. 英語を使わなければならない切羽詰った状況にない
  3. 明確な目標がない
  4. 効果的な学習法がわからない
  5. 思うように上達しない

仕事を抱えていると、集中して勉強する時間が確保しにくいものです。忙しいなか、英語を話せなければいけないという必要性に迫られていなければ、あるいは、確固とした動機がなければ、継続が難しいのは確かにうなずけます。さらに、効果的な学習法がわからぬまま、あれこれと手を出して自己流で学習したものの、手応えが感じられずに実力がつく前にモチベーションが下がってしまう、というケースもあるでしょう。

英語学習のカベについては、「社会人の9割が英語スキルを磨きたい!でも「費用」と「時間」が大きなカベに」も併せてご覧ください。

アダプティブラーニングはこれまでの学習法と何が違う?

このような状況をうまくカバーできるのが、アダプティブラーニングです。

アダプティブラーニングでは、学習する過程で集積されるデータをもとに、一人ひとりの学習進度、レベル、習熟度が分析されます。システムが個人に合った学習法を最適化してくれるので、自分では気づかない弱点や苦手分野が可視化されます。こうして発見された問題点を繰り返し学習することで記憶の定着度が上がるため、自らの進歩を実感しやすいのです。対面型授業や参考書を使った学習法よりも、パーソナライズされているといえます。

近年では、忙しいビジネスパーソンでも、スマホやタブレットをデバイスとしたeラーニングやアプリを用いて、スキマ時間に手軽に学習することができます。また、ほかの学習者と交流できるSNS機能やゲームの要素を取り入れて、楽しみながら学習するゲーミフィケーションの活用により、学習意欲を保つこともできます。

アダプティブラーニングのメリットについて詳しく知りたい方は、「アダプティブラーニング」で記憶の定着を管理できる?」をご覧ください。

これまでの語学学習の弱点を補う効果的な学習法

語学学習の挫折要因をカバーしてくれるアダプティブラーニングは、注目の学習法です。効果的な英語学習のポイントについては、「英語力が身につく!ポイントを絞った学習方法とは」でも取り上げていますので、併せてご覧ください。

こちらの記事も読まれています:

参考:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
模試トレ
CPK
smp-menu