INFORMATION
home

2016.08.01

社内コミュニケーションについて考えてみる

AUTHOR :   北田 麻衣

2379
北田 麻衣

あなたは社内でのコミュニケーションについて考えたことありますか?プライベートではなく仕事をする場所なので、一緒に働くメンバーとの距離感って難しいですよね。でも、社内でのコミュニケーションは仕事の効率性と無関係ではありません。社内コミュニケーションを上手にとって、「仕事ができる人」になりませんか?

社内コミュニケーションの悩みは十人十色

社内コミュニケーションの悩みについて考えてみましょう。例えば、「営業担当が、在庫や納期のことを考えずに受注してくる」「仕事を頑張っているのに仲間が評価してくれない」などあなたの会社での立場によって悩みは様々だと思います。これらの悩みの原因は「同じものを見ても、立場によって見え方が違うから」という認識のギャップかもしれません。

社内コミュニケーション不足による悪影響(1)

社内コミュニケーションの不足は、どのような結果を招くのでしょうか。例えば、営業担当であるあなたが「クライアントの要望に最大限応えてあげよう」という思いで仕事を進めているとします。しかし、きちんとコミュニケーションが取れていないと、周りの人たちはあなたに対して「自分中心に仕事を進めている」と考えるかもしれません。認識を合わせるためのコミュニケーションを取らないことで、周りの協力が得られにくくなったり、業務スピードが落ちたりする原因となります。大げさかもしれませんが、業務スピードが落ちるということは、会社の業績低下にも繋がっていきます。

社内コミュニケーション不足による悪影響(2)

また、会社全体の課題として「社員が育たない」「部署同士で協力しあう雰囲気ができていない」などといった悩みはありませんか?これらも社内コミュニケーション不足に起因している可能性があります。組織力の強化は、人間関係を築くことから始まります。その際に必要となってくるのがコミュニケーションです。特にビジネスにおける社内コミュニケーションは、組織の仕事の円滑化や組織力強化のために非常に重要な要素となっています。良好な社内コミュニケーションは、社員一人ひとりがストレスを溜めない学び合える環境となり、会社の成長へと繋がっていきます。

社内コミュニケーションを活性化させるノウハウ

では、社内コミュニケーションの不足を解決していくために、どのように考えて、行動していけばいいのでしょうか。それは、立場の違いや認識のギャップを把握認識し、異なる見方を理解した上で、より良い状態にしていくためのアクションをとることだと思います。

例えば、普段は業務メールでのやり取りしかないメンバー同士でも、顔を合わせる機会をもったりコミュニケーションをとる機会を増やすことで、親近感がわいてきます。そうしていくうちに、自分が早くメールを返信すれば相手も早く仕事を進められるかもしれない!なんていう気持ちが芽生え、仕事効率化のきっかけに繋がったりするのです。

次に、こういったコミュニケーション活性化のために、あなたや会社がどのような工夫ができるか考えてみたいと思います。シーン別に例を挙げてみましょう。意外な共通点が見つかるかもしれません。

メディア

社内報やイントラ、社内の掲示物といった社内のメディアでの部署紹介・社員紹介を活用することで、コミュニケーションの糸口が見つかります。もちろん同一部署内では、メディアに頼らずともリアルな自己紹介がコミュニケーションの糸口になります。

オフィスレイアウト

コピーやプリンターなどの共用機材が設置されたエリアは、コピーをする際などの短い時間ですが、社員同士のコミュニケーションが取れる場所です。隣の席のメンバーが出力した資料をたまたま見つけ、席を立ったついでに届けてあげるなどのちょっとした気遣いが、身近なメンバーとのコミュニケーションにつながるのではないでしょうか。

社内イベント

キックオフの後の懇親会や、周年行事としての社内パーティーなどは、社員同士が和やかにコミュニケーションをとることができます。久しぶり出会う同期や、いつもメールだけの間柄の社員同士が、懇親会の場で偶然出会うことで話が弾むはずです。

ランチタイム

ランチタイムは部署関係なくコミュニケーションがとれる場所として挙げられます。弊社ブログ「社員食堂が会社の未来を変える!?」でもランチ時間を有効活用したコミュニケーション効果をご紹介させていただいております。

人事異動

新しい部署に異動することにより、あらたな関係性が構築されます。もちろん、いままで所属していた部署での人的ネットワークを、新たな働く場でも活かすことで、円滑な業務遂行が期待できます。

コミュニケーション上手になろう

コミュニケーションのきっかけは、時と場合によって、様々ですが、コミュニケーションを通じてお互いがより深い関係となっていきます。その後、仕事で困った時などの相談先になったりすることでしょう。ぜひ沢山の人と積極的にコミュニケーションをとって、人の和や仕事の輪を広げてみましょう。

こちらの記事も読まれています:

参照サイト:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
模試トレ
CPK
smp-menu