INFORMATION
home

2016.03.17

新入社員研修で初めて講師をするあなたに

AUTHOR :   北田 麻衣

10052
北田 麻衣


新入社員研修で講師をすることになったら、何から準備したらいいのでしょう。研修内容を分かりやすく伝えるためには?会場の規模は?あれもこれもと考えることや準備することが沢山ですよね。これから一緒に働く新入社員のためにも“記憶に残る研修”、“社会人としての基礎をしっかり学べる研修”にしたいものです。そこで、新入社員研修で講師を任されたあなたのために、研修を成功させるためのノウハウをまとめてみました。

新入社員研修で講師を担当する

研修サービスの会社に勤めている方でない限り、「私の主業務は、新入社員研修の講師です。」という方は少ないのではないでしょうか。新入社員研修を任されるほとんどの社員は、別の主業務に加えて講師を担当するケースが多いようです。主業務を疎かにせず、質の高い研修をしっかり準備するために必要な3つのPointをみてみましょう。

Point1:チェックリストで管理しよう

研修内容をどうしよう?資料は?といったように、研修開催に必要なものは沢山ある上、準備に時間がかかるものもあります。研修当日になって、必要なものが揃っていなければ大変です。研修の講師を担当することになった際には、まずチェックリストを作成し準備を怠らないようにしましょう。

研修の日時や場所はもちろん、研修テーマの検討、リハーサル、必要になる準備物(資料・名札・マジック・プロジェクター・PCなど)などを細かくリスト化し段取りを進行管理しましょう。

Point2:伝えたいことは明確にまとめよう

研修の中であなたが新入社員に伝えたい内容は何ですか?テーマは明確にしましょう。テーマが明確化されていないと、「何が言いたかったのだろう?」「何の研修だったっけ?」といったように、新入社員たちの印象に残らない研修になってしまいがちです。せっかくの研修時間なので、伝えたい事は予め纏めておきましょう。

Point3:新入社員を夢中にさせるトークを用意しよう

伝えたい内容を淡々と伝えるだけでは、新入社員も飽きてしまいがちです。そこで、あなた自身が新入社員の頃、聞いてみたかった話やイメージしやすいエピソードを研修の中に盛り込んでみてはいかがでしょうか。

例えば、あなた自身や身の回りで起こった失敗談や、その失敗に対してどう乗り越えて現在に至るのか。また逆に、仕事で成功したりお客様に喜ばれたりしたエピソードも、新入社員が仕事に親近感をもつきっかけになるはずです。この機会に、自分の社会人人生を振り返って、自分だけのオリジナルトークを用意してみてください。

講師のあなたが大切にすべき心構え

新入社員は、社会人の見本としてあなたの身だしなみをみています。実際に講師として新入社員の前に立つときは、会社の顔として研修に参加することを意識し、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

また最後に、講師のあなたは大切にすべき心構えを忘れてはいけません。新入社員研修で身につけるべきことは、単に「報・連・相」「名刺のもらい方」といったスキルだけではありません。「組織人」「社会人」としての意識をもってもらうことも重要なのです。会社の将来を担う人材を育てる、重要な役割だということを意識して新入社員研修に臨みましょう。

こちらの記事も読まれています:

参照サイト:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

【無料】お役立ちeBook

SERVICE

PICK UP

クラウドキャンパス
模試トレ
CPK
smp-menu