INFORMATION
home

2015.10.26

英語力が身につく!ポイントを絞った学習方法とは

AUTHOR :   北田 麻衣

1843
北田 麻衣

語学力を身につけるには、「聞く→話す→読む→書く」の順序で学習するのが一般的です。誰もが母国語をこの順序で覚えたことでしょう。

しかし日本の学校教育では、英語の学習方法に関して、「読む→書く→文法」の順で学んでいます。そのため、「聞く・話す」の学習について、ほとんど時間を費やしていないのが現状のようです。残念ですが、この学習方法で英語が身についた人はあまり多くいないのではないでしょうか?

一方、留学や海外赴任で海外に滞在すると、英語がまったく話せなかった人でも、あっという間に英語でコミュニケーションがとれるようになっています。なぜでしょうか?

そこで、英語力を身につけるためのポイントをご紹介します。

 

毎日コツコツ「スキマ時間の学習」

留学や海外赴任などにより、一定期間海外生活をすると、日常生活の中で英語を「聞く」「話す」ことが反覆されます。これが英語力上達のポイントではないでしょうか?

社会人や学生の場合、毎日学習するとなると「忙しいから、英語を毎日学習するヒマがない」といった言い訳が先にきます。

でも、少し考えてみてください。通勤・通学時間や昼休み、入浴タイムの「スキマ時間」を有効に使ってコツコツ学習することにより、海外生活同様に反覆学習が可能になります。

とにかくコツコツとスキマ時間に学習してみてはいかがでしょうか。

「聞く」チカラが英語力向上の近道

「読む・書く・文法」が得意でも「聞く」が苦手という人は多いのではないでしょうか。

ただ聞けば良いものではないのですが、とにかく「聞く」時間を増やすことが重要です。実際のコミュニケーションでも、まずは相手がどんなことを話しているのかを理解する「聞く」チカラが大切だからです。

海外の人になりきろう

海外旅行者によくある光景で、言葉が通じるだろうか? とつい不安になり、いつの間にか声も小さくなっていることはありませんか? そのため、海外の方はあなたの英語が理解しづらくなっています。英語を話すときには「自信」を持って、堂々と話してみましょう。単語でもいいのでキチンと声にしてみると、きっと楽しいコミュニケーションが生まれます。恥ずかしからずに海外の人になりきってみましょう。

それでは、英語力を身に付けるためのポイントを踏まえて、自分に合った学習方法とは??

どうしたら見つかるのでしょうか? 

私が留学した時の経験から、英語の学習時間を継続させるための秘訣は、“自分が楽しめる学習方法”を見つけることだと思います。楽しければ興味もわき、自然と学習も長続きします。

自分に合う英語の学習方法には個人差があるかもしれませんが、楽しんで学習できる方法に出会うと楽しく継続的に学習できます。そこで、私自身が実践しているいくつかの学習方法をご紹介します。英語に限らず別の語学へ置き換えることもできるので、自身に合った学習方法を見つけてみましょう。

<タイプ別学習方法>

  • コツコツと学ぶのが得意な人は→1.)、4.)
  • エンターテインメントが好きな人は→2.)、3.)
  • 通勤時間を有効活用したい人は→3.)
  • 人と接しながら学ぶのが好きな人は→4.)

1.)英字新聞を声に出して読む

英字新聞を読むことで、英語力の向上を図るのはもちろん、時事問題に関する知識や情報収集もできるというメリットがたくさんあります。

2.)映画を繰り返し見て英会話を聞く

映画は英語の日常会話を学べます。そして、DVDでは字幕を英語に変えることもできるため、英語を聞く学習にもなります。字幕を英語にしたり、日本語にしたり、音声を英語にしたり、日本語にしたりと、いろいろな楽しみ方があります。

3.)音楽を聞く

好きな海外アーティストの曲を聞くことで聞く学習になります。そして、歌うことで英語のフレーズも覚えられます。

4.)英会話レッスンでネイティブの発音を聞く

英会話レッスンには、一般的な通うタイプのスクールから、オンラインでレッスンできるタイプのものがあります。また、テレビやラジオの講座、通信コースで学習する方法もありますので、ご自身にあった学習方法でネイティブの発音を聞いて学びましょう。

 

いかがですか? さまざまな学習方法がありますが、英語力を身に付けるために、まずは、自分に合った学習方法を見つける必要があります。英語学習を習慣づけることで、自然と英語を「聞く」機会が増えます。英語を「聞く」ことは、あなたの英語力アップにつながります。

参考サイト:

INFORMATION

BLOG CATEGORY

SERVICE

PICK UP

模試トレ
CPK
smp-menu